かんたん解説 双眼鏡の選び方のポイント

かんたん解説 双眼鏡の選び方のポイント
 バードウォッチング、星空観察にライブやコンサート……用途の広い双眼鏡の場面ごとでの選び方をご紹介します。

バードウォッチング、動物観察

〇重要なのは見え味と重さの二点

 対象を観察するのがメインとなるので、やはり見え味が重要です。

 隣の人は見えているのに自分の双眼鏡じゃ見えない、なんてことがあると楽しさも減ってしまいます。また色味が不自然だと観察していて目が疲れるので、色の再現性も重要です。これは白い壁などを肉眼と見比べることでよくわかります。

 同時に重要なのが双眼鏡の重さ。双眼鏡を持って移動する事が多いので重いと負担になってしまいます。

 しかし重さと見え味の両立というのは難しく、どちらかを取ればどちらかを犠牲にしていまうのが現状です。自分の求める見え味と使用感で選んでいただくのがいいと思いますので、実際に試してみることが大切です。


おススメ双眼鏡

スワロフスキー EL8×32SV WB 双眼鏡 販売価格257,580円(税込)送料無料

ツァイス Victory SF 8×42 双眼鏡 販売価格286,200円(税込)送料無料

ビクセン アルテスJ HR8×42WP 販売価格48,600(税込)送料無料


星空観察

〇明るさが楽しむためのコツ

 星空観察では「星は遠くにあるから倍率が高い方がいい」と思ってしまいそうなところですが、一番重要な部分は「明るさ」です。より明るく見える双眼鏡を使う事で肉眼では見えなかった天体が見えて来るので、なるべく明るく見える双眼鏡を選ぶのがいいでしょう。

 双眼鏡において明るさを決める要素は二つ。「口径」と「倍率」で、「口径」の大きいものほど光を取り入れる量が増えて明るく見えます。また同じ「口径」の双眼鏡でも「倍率」が低いものの方が明るく見えます。

 なので星空観察では7×42や10×50などが選ばれることが多く、倍率が低ければ広い範囲を観察できるので星座の発見にも繋がります。


おススメ双眼鏡

ビクセン アスコット ZR7×50WP(W) 双眼鏡 販売価格23,760円(税込)送料無料

ビクセン 星座観察用双眼鏡 SG2.1×42 販売価格21,600円(税込)送料無料

星見双眼鏡 SG6.5×32WP 販売価格46,400円(税込)送料無料

スワロフスキー EL10×50SV WB 双眼鏡 販売価格335,340円(税込)送料無料


ライブ、コンサート、観劇

〇荷物にならないコンパクトさと、会場に適した倍率

 ライブやコンサート、観劇といった屋内での使用ではやっぱりコンパクトさが重要。ポケットタイプ双眼鏡が最適です。さらにその中でも場面によっておススメする倍率が変わってきます。

 観劇などでは3倍など低倍率、ドームなど広い会場のライブでは12倍の双眼鏡が適している事も。会場の形や規模にもよりますが100〜2000人規模ならば3倍から8倍
それ以上の場合は8倍~12倍が目安になるとおもいます。

 ライブ、コンサート向けの双眼鏡に関してはコチラで記事にしているので詳しくはこちらをご参照ください。

ライブ、コンサート向きおススメ双眼鏡

 今後もこちらのページにておススメ双眼鏡の記事へのリンクを増やしていきますので、ご期待ください。

新着情報

おすすめ商品

×

グループから探す

お気に入りリストに登録しました。 お気に入りから削除しました。
お気に入りリストはコチラ ×
>